カテゴリー
音楽

小さい頃に音楽を習わせることの大切さ

こんにちは!

最近は音楽教室の数も増えてきて、お子様に音楽をやらせようか迷っておられる方も多いのではないでしょうか!

今回は私の音楽経験も踏まえた上で、お子様に音楽を習わせることのメリットをご紹介していきたいと思います!

3つのメリット

  1. 集中力が養われる
  2. 自己表現が上手くなる
  3. 聴力の発達は幼児期に最も伸びる!

1.集中力が養われる

小さい頃から音楽を始めることで集中力が育まれます。

どうしてだと思いますか?

音楽を演奏するためには、独立した10本の指の動きや強弱を出すための指先への注意力が必要となるからです。それだけではありません。

長時間椅子に座って人の話に耳を傾け続けることは、小さい子供にとってとてつもなく集中力を必要とします。

そのため、小さい頃から音楽を始めることは集中力を早期に身につけさせる一つの手段となるのです。

2.自己表現が上手くなる

音楽は、自己表現の連続です!

小さい頃に出会うさまざまな音楽たちは、お子様の想像力をかきたてます。お子様は、それらの音楽の演奏を通じて、積極的に自分の感じたことを表現しようとします。

この表現活動は演奏の枠を超えて、自分を表現したい、という気持ちに繋がり積極的に思ったこと・感じた子を伝えられるように成長を促すでしょう。

3.聴力の発達は幼児期に最も伸びる!

最後です!

お子様の音楽を聴く力は、大体生後10~12ヶ月頃から発育を始めます。

そこからおよそ5歳くらいまでが音楽的な聴力の発育が著しい時期です。

そのため、この期間に音楽を始めることにより音楽を聴く力が急激に磨かれます。

この聴く力は、英語を聞き取る力にも役立てることができると言われているため、将来英語やその他の言語を勉強する上でも強力な武器となります!

私も音楽大学に通っておりますが、周りの友人も皆語学が堪能です!

まとめ

いかがでしたか?

今回は、小さい頃にお子様に音楽を習わせることのメリットを紹介しました!

小さい頃に音楽を始めることは、以上のメリット以外にもさまざまな恩恵を与えてくださります。

お子様とともに音楽を通して楽しい時間を共有できることも音楽の魅力の一つです。

お子様に音楽を始めようか迷われている方の参考となれば幸いです!

ありがとうございました!!